コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合致法 がっちほうcoincidence method

1件 の用語解説(合致法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

合致法
がっちほう
coincidence method

測定方式の一種で,目盛り線や周期などの空間的または時間的な合致を観測し,測定量と基準量との間の既知の関係式を用いて測定値を知る方法。一致法ともいう。ものさしを用いた長さの測定は合致法の最も簡単な例。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の合致法の言及

【測定】より

…また,組立量の絶対測定は,その量を定義する物理法則によっているから,実際の測定においてその法則が正しく成り立っているかを吟味しなければならない。 測定を実施するために装置系を構成するが,その構成法として偏位法,零位法,補償法,合致法などがある。偏位法はもっとも簡単で,測定量を原因としその直接の結果として生ずる指示から測定量を知る方法である。…

※「合致法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone