吉丸一昌(読み)よしまる かずまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉丸一昌 よしまる-かずまさ

1873-1916 明治-大正時代の国文学者。
明治6年9月15日生まれ。41年東京音楽学校(現東京芸大)の教授。42年文部省唱歌教科書編纂委員となり,明治末期から大正初期にかけて「お玉じゃくし」「早春賦」「木の葉」「故郷を離るる歌」(ドイツ民謡)などおおくの唱歌を作詞した。大正5年3月7日死去。44歳。大分県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吉丸一昌の関連情報