コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉井義之 よしい よしゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉井義之 よしい-よしゆき

1826-1892 幕末-明治時代の尊攘(そんじょう)運動家,官吏。
文政9年1月生まれ。京都にでて梅田雲浜(うんぴん)らとまじわり,文久3年生野の挙兵に参加。のち長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩の奇兵隊にはいり禁門の変で負傷した。戊辰(ぼしん)戦争では北越路を転戦。明治3年京都府少属(しょうさかん)となった。明治25年9月死去。67歳。但馬(たじま)(兵庫県)出身。通称は貞七,定七,三宅弥右衛門。変名に志賀屋定七。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

吉井義之

没年:明治25.9(1892)
生年:文政9.1(1826)
幕末の尊攘派志士。名は義之,通称貞七,定七,三宅弥右衛門。但馬国朝来郡矢名瀬村(兵庫県山東町)生まれ。荒物呉服,売薬商として各地を往来し,開国後は尊攘論を唱え,梅田雲浜ら志士と交わる。文久3(1863)年2月学習院に北海道開拓の件を建白同年8月18日の政変後帰郷。10月の生野挙兵に参加するが敗れ,弟弥兵衛と共に脱走して周防国三田尻で奇兵隊に入る。翌年京都に潜入,元治1(1864)年,池田屋騒動にあい長州藩邸へ逃げ込むが,同年7月の禁門の変で負傷し,再び帰郷。維新後は山陰道鎮撫総督に従軍し,のち北越戦争に参戦して凱旋。明治3(1870)年京都府に仕えた。

(高木俊輔)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

吉井義之の関連キーワード明治時代運動家官吏

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android