コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉住慈恭 よしずみ じきょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉住慈恭
よしずみじきょう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の吉住慈恭の言及

【吉住小三郎】より

…48年日本芸術院会員,56年重要無形文化財保持者各個指定(人間国宝)に認定され,57年文化勲章を受章。63年,吉住慈恭(じきよう)と改名。作曲には《鳥羽の恋塚》《醍醐の花見》などが,六四郎との合作には《紀文大尽(きぶんだいじん)》《神田祭》《お七》《みやこ風流》などがある。…

※「吉住慈恭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

吉住慈恭の関連キーワード吉住 小三郎(4代目)[各個指定]芸能部門吉住小三郎(2代)吉住小三郎(6世)稀音家浄観吉住 慈恭紀文大尽研精会

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android