コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉住小三郎 ヨシズミコサブロウ

デジタル大辞泉の解説

よしずみ‐こさぶろう〔‐こサブラウ〕【吉住小三郎】

長唄唄方
(初世)[1699~1753]摂津の人。唄浄瑠璃を得意とし、名人とうたわれた。
(4世)[1876~1972]3世杵屋六四郎(のち2世稀音家浄観(きねやじょうかん))とともに長唄研精会を創設し、純音楽としての長唄の普及に努めた。特に唄浄瑠璃風の曲に妙味を発揮。文化勲章受章。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

吉住小三郎【よしずみこさぶろう】

長唄唄方の芸名。6世まで。初世〔1699-1753〕は《相生獅子》《京鹿子娘道成寺》などを江戸で初演した人。4世〔1876-1972〕は東京生れ。3世杵屋六四郎(2世稀音家浄観)とともに長唄研精会を結成して演奏会形式で長唄を演奏し,そのための作曲も行った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

よしずみこさぶろう【吉住小三郎】

長唄の唄方。現在まで6世を数えるが,初世,2世,4世が著名。(1)初世(1699‐1753∥元禄12‐宝暦3) 摂津国(大阪)住吉神社の神官(あるいは伶人か)の出身で,〈住吉〉を逆にして吉住を名のったと伝える。初名は仙次郎。6世杵屋(きねや)喜三郎あるいは4世中山小十郎の門弟といわれ,唄浄瑠璃を得意とした。1753年(宝暦3)3月,中村座の《京鹿子娘道成寺(きようがのこむすめどうじようじ)》初演の立唄(たてうた)をつとめて好評を博す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

よしずみこさぶろう【吉住小三郎】

長唄唄方、吉住流の家元の名。
(初世)(1699~1753) もと住吉神社の神職あるいは伶人れいじんといわれる。「京鹿子きようがのこ娘道成寺」「相生獅子」などの初演者。
(四世)(1876~1972) 長唄研精会を組織して、劇場を離れた純音楽としての長唄の普及につとめた。東京音楽学校教授。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉住小三郎
よしずみこさぶろう

長唄(ながうた)唄方。6世を数えるが、初世と4世が著名。[渡辺尚子]

初世

(1699―1753)吉住家の始祖。住吉神社の神官(伶人(れいじん)か)の出身といわれ、「住吉」を逆にして姓としたといわれる。『京鹿子娘道成寺(きょうがのこむすめどうじょうじ)』初演の立唄(たてうた)として著名。初期長唄の名人に数えられている。2世(1799―1854)は3世芳村(よしむら)伊三郎門弟で、1846年(弘化3)に2世を襲名した天保(てんぽう)年間(1830~44)の長唄の名手。3世(1832―89)は2世の門弟で、1860年(万延1)に襲名した。[渡辺尚子]

4世

(1876―1972)3世の養子で、養父に師事。1890年(明治23)4世を襲名。3世杵屋六四郎(きねやろくしろう)(後の2世稀音家浄観(きねやじょうかん))とともに1902年(明治35)長唄研精会(けんせいかい)を創設。歌舞伎(かぶき)を離れ、純音楽としての演奏会長唄の普及発展に力を尽くす。29年(昭和4)東京音楽学校講師、36年同校教授となる。63年慈恭(じきょう)と改名。作曲にも優れ、『鳥羽(とば)の恋塚』『醍醐(だいご)の花見』などを残している。また浄観との合作には『お七吉三(きちさ)』『寒山拾得(かんざんじっとく)』『紀文大尽(きぶんだいじん)』『神田祭』『一休禅師』『みやこ風流』などがある。芸術院会員、重要無形文化財保持者で、57年に文化勲章を受章。[渡辺尚子]

5世

(1908―83)4世の実子。父に師事。前名小太郎。1963年(昭和38)5世を襲名。[渡辺尚子]

6世

(1931―2006)5世の長男。本名吉住隆雄。祖父慈恭に師事。前名吉住小三治郎(こさじろう)。1983年1月、5世没後6世を襲名。[渡辺尚子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

吉住小三郎の関連キーワード稀音家 六四郎(4代目)杵屋六左衛門(14世)吉住 小三郎(6代目)吉住 小三郎(5代目)杵屋 弥十郎(9代目)稀音家 浄観(2代目)吉住 小三郎(3代目)吉住 小三郎(4代目)芳村伊三郎(5世)吉住小三郎(4世)岡安喜三郎(3代)芳村伊十郎(3世)吉住小三郎(3代)芳村伊十郎(3代)杵屋六四郎(3世)湖出市十郎(1世)松島庄五郎(初代)吉住小三郎(6世)稀音家浄観(2代)吉住小三郎(5世)

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android