コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉崎栄泰 よしざきはるやす

1件 の用語解説(吉崎栄泰の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

吉崎栄泰

ファイル圧縮プログラムLHAの作者。1955年北海道生まれで、現在は内科医。1980年代後半、日本はパソコン通信に1200bpsモデムが使用されている時代で、データの送受信は大きな困難であった。そのため、データ圧縮技術への要望が潜在化していた。そんな中、1988年に奥村晴彦氏がLZARIという圧縮方式をPC-VAN上に発表する。吉崎氏は、奥村氏の圧縮方式に改良を加え、LZHUF方式を考案、圧縮ソフトとしてLHarcを開発した。1988年末になってLHarcをニフティサーブアスキーネットに発表すると、大きな反響を呼んだ。1991年に新しいアルゴリズムを採用した「LHA」を公開。ソースコードが公開されていたこともあって、マニュアルは英訳されて海外でも認知されるようになり、WindowsではZIP形式とともに事実上の業界標準となった。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉崎栄泰の関連キーワード圧縮ファイルgzip自己解凍ファイルZipソースプログラムファイル圧縮ヘッダーファイルプログラム言語ユーティリティープログラムデータ圧縮プログラム

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone