監物(読み)ケンモツ

  • ▽監物
  • おろしもののつかさ
  • けんもち

世界大百科事典 第2版の解説

日本古代の令制官司である中務(なかつかさ)に属する品官(四等官の系列外の官)の一つ。大監物2人,中・少監物各4人,史生4人より成る。職掌は庫蔵の物の出入に立ち会って監察し,鍵を後宮闈司(みかどつかさ)から請け取り,またこれを返納することであった。古訓〈おろしもののつかさ〉は,物を出す方に監察の重点が置かれたことを示す。中務省の典鎰(てんやく),内蔵寮や大蔵省の主鎰等を監督する重職で,大監物は五位相当官であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

律令制で、中務省に属し、大蔵・内蔵など諸庫の出納を監察する職。おろしもののつかさ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 令制で、中務(なかつかさ)省に属して、大蔵、内蔵などの出納(すいとう)を監察、管理した官人。けんもつ。
※書紀(720)持統七年四月(北野本訓)「監物(オロシモノノツカサ)巨勢邑治、物己(おのかみ)に入れずと雖も」
※和泉式部集(11C中)下「けんもちゆきつねが うちはぶく浪の上をばきぬながにすがくれたるか鳥の見えぬは」
〘名〙 令制で、中務(なかつかさ)省に属して、大蔵・内蔵などの出納(すいとう)および諸庫の監察、管理をした官職。大監物二人、中・少監物各四人の職員がいる。官位相当は、それぞれ従五位下、従六位下、正七位下。おろしもののつかさ。けんもち。
※三代実録‐貞観一二年(870)一二月二五日「又内記監物解由状、一准判事

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の監物の言及

【典鑰】より

…管鑰(かぎ)を出納することをつかさどる。諸官司の庫蔵の鑰は中務省の監物(けんもつ)が毎朝請(う)け取り毎夕返すが,請け出した鑰の実物は典鑰が出納する。庫蔵の物の出納は大蔵省・中務省被管内蔵寮に属する大・少主鑰(しゆやく)が担当する。…

※「監物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

監物の関連情報