コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉志大麻呂 きしの おおまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉志大麻呂 きしの-おおまろ

?-? 奈良時代の防人(さきもり)。
武蔵(むさし)多摩郡(東京都)の人。「日本霊異(りょうい)記」によれば,筑紫(つくし)に派遣されて3年たち,妻恋しさから,同伴の母を殺し,喪に服して軍役をのがれ,妻のもとにかえろうとした。母を山中につれだし,首をきろうとしたとたん,大地がさけ,割れ目におちて死んだという。異本に名は火麻呂ともみえる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

吉志大麻呂の関連キーワード奈良時代防人