吉方(読み)キッポウ

精選版 日本国語大辞典の解説

きっ‐ぽう ‥パウ【吉方】

〘名〙
① よい方角。暦法で歳徳神(としとくじん)のやどる方。恵方(えほう)
※小右記‐寛弘二年(1005)一一月一七日「先召陰陽師被問方」
※諸国風俗問状答(19C前)丹後国峯山領風俗問状答「其家々吉方え当り候神社へ参詣仕候」
② 年のはじめに恵方に当たる社寺に参詣してその年の福徳を祈ること。恵方参り。
※高野山文書‐正応四年(1291)九月一八日・神野庄総追捕使代国高請文「吉方并方違一向可停止事」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

吉方の関連情報