吉田 正男(読み)ヨシダ マサオ

20世紀日本人名事典の解説

昭和期の林学者 東京大学名誉教授;東京農工大学名誉教授。



生年
明治26(1893)年7月8日

没年
昭和51(1976)年7月9日

出生地
大分県

学歴〔年〕
東京帝大農科大学林学科〔大正7年〕

学位〔年〕
農学博士〔昭和3年〕

経歴
東大助手、助教授を経て、昭和8年教授。16年林業試験場長を兼任。25年同大農学部長となった。29年退官、名誉教授。30年東京農工大学長、34年退任、同大名誉教授。また日本学術会議会員、大日本山林会会長、帝国森林会会長なども務めた。昭和初期、ドイツ経営経済学を紹介し、法正林思想を基調に日本森林経営学の体系化に尽力した。著書に「測樹学要論」「理論森林経理学」「林業経営学通論」などがある。

昭和期の社会人野球選手,野球評論家



生年
大正3(1914)年

没年
平成8(1996)年5月23日

出生地
愛知県一宮市

学歴〔年〕
明治大学卒

主な受賞名〔年〕
橋戸賞〔昭和14年〕,中部スポーツ賞〔平成3年〕

経歴
中京商(現・中京高)野球部投手として昭和6、7、8年春・夏連続甲子園に出場、夏の大会3連覇を果たす。8年の準決勝、対明石戦は延長25回の大熱戦の末1-0でサヨナラ勝ち。甲子園通算23勝は最多記録。明大時代は東京六大学で5度優勝。その後藤倉電線に入り、14年に都市対抗で優勝するなどチーム黄金時代を築いた。39年より中日スポーツ記者。のち、野球評論家として健筆をふるった。アマ球界での業績が評価され、平成4年殿堂入り。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吉田 正男の関連情報