健筆(読み)けんぴつ

精選版 日本国語大辞典「健筆」の解説

けん‐ぴつ【健筆】

〘名〙
のはこびのすぐれていること。上手な字や絵を書くこと。また、その文字や絵。達筆
※実隆公記‐享祿四年(1531)五月一一日「絵銘青門被染筆賜之」
※或る女(1919)〈有島武郎〉後「男の字のやうな健筆で」
② 文章や詩歌などをたくみに盛んに作ること。詩や文章の達者なこと。また、そのような人。
※山陽遺稿(1841)詩集・二・夜読清諸人詩戯賦「健筆誰摩蔵園塁、硬語難圧甌北営」 〔岑参‐送魏升卿擢第帰東都詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「健筆」の解説

けん‐ぴつ【健筆】

文章・詩歌などを、巧みにどんどん書くこと。「健筆を振るう」
文字をじょうずに書くこと。達筆。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android