コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田兼敦 よしだ かねあつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田兼敦 よしだ-かねあつ

1368-1408 南北朝-室町時代の神道家。
応安元=正平(しょうへい)23年生まれ。吉田兼煕(かねひろ)の子。京都吉田神社の祠官侍従,神祇大副(じんぎのたいふ),弾正大弼(だんじょうのだいひつ),治部卿などを歴任した。著作に「日本書紀神代巻秘抄」「三種神器伝」など。応永15年6月26日死去。41歳。京都出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

吉田兼敦の関連キーワード室町時代南北朝応安

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android