コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応安 オウアン

3件 の用語解説(応安の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おうあん【応安】

南北朝時代、北朝後光厳天皇後円融天皇の時の年号。1368年2月18日~1375年2月27日。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おうあん【応安】

北朝の年号(1368.2.18~1375.2.27)。貞治の後、永和の前。後光厳・後円融天皇の代。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典の解説

おうあん【応安】

日本の元号(年号)。室町時代南北朝時代)の1368年から1375年まで、後光厳(ごこうごん)天皇、後円融(ごえんゆう)天皇の代に北朝が使用した元号。前元号は貞治(じょうじ)。次元号は永和(えいわ)。1368年(貞治7)2月18日改元。疫病流行の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『毛詩正義(もうしせいぎ)』を出典とする命名。応安年間の南朝の天皇は長慶(ちょうけい)天皇。南朝では正平(しょうへい)(1346~1370年)、建徳(けんとく)(1370~1372年)、文中(ぶんちゅう)(1372~1375年)の元号を使用した。室町幕府の将軍は足利義満(よしみつ)(3代)。義満は1368年(応安1)に征夷大将軍に補任された。この当時、南朝方は九州を中心に抵抗を続けており、1370年(応安3/建徳1)には今川貞世(さだよ)(了俊)が幕府から九州探題に任じられ、下向している。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

応安の関連キーワード永和嘉慶康安康永康応至徳貞治文和明徳吉野朝時代

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

応安の関連情報