コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応安 オウアン

大辞林 第三版の解説

おうあん【応安】

北朝の年号(1368.2.18~1375.2.27)。貞治の後、永和の前。後光厳・後円融天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

おうあん【応安】

日本の元号(年号)。室町時代(南北朝時代)の1368年から1375年まで、後光厳(ごこうごん)天皇、後円融(ごえんゆう)天皇の代に北朝が使用した元号。前元号は貞治(じょうじ)。次元号は永和(えいわ)。1368年(貞治7)2月18日改元。疫病流行の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『毛詩正義(もうしせいぎ)』を出典とする命名。応安年間の南朝の天皇は長慶(ちょうけい)天皇。南朝では正平(しょうへい)(1346~1370年)、建徳(けんとく)(1370~1372年)、文中(ぶんちゅう)(1372~1375年)の元号を使用した。室町幕府の将軍は足利義満(よしみつ)(3代)。義満は1368年(応安1)に征夷大将軍に補任された。この当時、南朝方は九州を中心に抵抗を続けており、1370年(応安3/建徳1)には今川貞世(さだよ)(了俊)が幕府から九州探題に任じられ、下向している。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

応安の関連キーワード兼角(初代)祇園執行日記包吉(初代)勧修寺経顕恒鎮法親王多治部師景乗円(1)征夷大将軍筑波問答上杉氏定連理秘抄上杉憲顕斯波義教東伝士啓太源宗真結城満朝住吉行宮今川貞世南堂良偕連歌新式

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

応安の関連情報