コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田兼煕 よしだ かねひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田兼煕 よしだ-かねひろ

1348-1402 南北朝-室町時代の神道家。
貞和(じょうわ)4=正平(しょうへい)3年生まれ。卜部兼豊(うらべ-かねとよ)の子。世襲の京都吉田神社の祠官。永和4=天授4年家名の室町を吉田にあらためた。神祇大副(じんぎのたいふ),侍従などを歴任し正三位にすすむ。後光厳(ごこうごん)天皇らの侍読。明徳3=元中9年足利義満の命で南北朝合体の交渉にあたった。応永9年5月3日死去。55歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

吉田兼煕の関連キーワードアンカラの戦バヤジト[1世]建文帝難太平記藤原光益吉田兼熙デカメロンロレンツェッティ崇光天皇デカメロン