祠官(読み)シカン

大辞林 第三版の解説

しかん【祠官】

神社に仕える神職。
1871年(明治4)府県社および郷社に置かれた神職の長。のち社司と改称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐かん ‥クヮン【祠官】

〘名〙
① 一定の資格をもって神社に仕える人の通称。明治以後は神官神職と総称し、伊勢神宮のものを神官、官国幣社以下のものを神職として区別した。〔文徳実録‐斉衡三年(854)一一月壬戌〕
※読本・椿説弓張月(1807‐11)後「熱田の(シクヮン)に補せられたるも」 〔史記‐高祖本紀〕
② 明治時代の神社制度における諸社の長官の称。明治四年(一八七一)五月一四日太政官布告で全国の神社を官社と諸社とに分けたが、その諸社に府社、藩社、県社、および郷社の社格を付して区分したその各社の長官をいう。村社には祠掌を置いた。同五年二月布告第五七号をもって祠官祠掌の官等を定め、同一二年一一月達第四五号をもって府県社以下祠官祠掌の等級を廃し、身分取扱は一寺住職同様とされた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android