コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祠官 シカン

大辞林 第三版の解説

しかん【祠官】

神社に仕える神職。
1871年(明治4)府県社および郷社に置かれた神職の長。のち社司と改称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

祠官の関連キーワード太神宮参詣記荒木田盛徴山崎 一郎荒木田久守藤波氏勝女独笑庵山甫斎部作賀斯中西石陰中西信慶斎藤監物梨木祐為藤島宗順岡本経寧度会常昌氷室長翁宮崎文庫藤井高尚吉田意休吉見幸和岡本氏臣

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android