コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田冝 きったのよろし

世界大百科事典 第2版の解説

きったのよろし【吉田冝】

奈良時代前期の医術家。生没年不詳。百済国出自で初め僧であり恵俊と称したが,700年(文武4)その芸を用いるため還俗させられ吉冝の姓名を賜った。721年(養老5)医術により賞を受け,724年(神亀1)には吉田連と賜姓された。730年(天平2)には老年につき医術を伝えるための弟子が置かれ,のち図書頭,典薬頭などを歴任した。他方で儒教・道教にも長じたほか,《懐風藻》《万葉集》にも詩歌を残している。【佐藤 信】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android