コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田冝 きったのよろし

世界大百科事典 第2版の解説

きったのよろし【吉田冝】

奈良時代前期の医術家。生没年不詳。百済国出自で初め僧であり恵俊と称したが,700年(文武4)その芸を用いるため還俗させられ吉冝の姓名を賜った。721年(養老5)医術により賞を受け,724年(神亀1)には吉田連と賜姓された。730年(天平2)には老年につき医術を伝えるための弟子が置かれ,のち図書頭,典薬頭などを歴任した。他方で儒教・道教にも長じたほか,《懐風藻》《万葉集》にも詩歌を残している。【佐藤 信】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone