老年(読み)ろうねん

精選版 日本国語大辞典「老年」の解説

ろう‐ねん ラウ‥【老年】

〘名〙 人の一生で、年をとって心身の衰えが目立ってくる年ごろ。また、その年ごろの人。普通、六〇歳、または七〇歳以上をいい、広くは五〇歳以上をいう。老歳
※菅家文草(900頃)三・路遇白頭翁「老年紅面何方術、已無妻子又無財」
※妄想(1911)〈森鴎外〉「人の説に、老年(ラウネン)になるに従って増長するといふ『死の恐怖』が」 〔晉書‐何曾伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android