老年(読み)ろうねん

精選版 日本国語大辞典「老年」の解説

ろう‐ねん ラウ‥【老年】

〘名〙 人の一生で、年をとって心身の衰えが目立ってくる年ごろ。また、その年ごろの人。普通、六〇歳、または七〇歳以上をいい、広くは五〇歳以上をいう。老歳
※菅家文草(900頃)三・路遇白頭翁「老年紅面何方術、已無妻子又無財」
※妄想(1911)〈森鴎外〉「人の説に、老年(ラウネン)になるに従って増長するといふ『死の恐怖』が」 〔晉書‐何曾伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「老年」の解説

ろうねん【老年】[書名]

芥川竜之介短編小説。大正3年(1914)5月、雑誌「新思潮」に柳川竜之筆名で発表。芥川の処女小説とされる。

ろう‐ねん〔ラウ‐〕【老年】

年をとって、心身の衰えがめだつ年ごろ。また、その年ごろの人。
[補説]書名別項。→老年
[類語]老齢高年高齢年配高年齢年嵩としかさ晩年老境老来老後老いらく

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例