吉田直哉(読み)よしだ なおや

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田直哉 よしだ-なおや

1931-2008 昭和後期-平成時代のテレビディレクター。
昭和6年4月1日生まれ。吉田富三長男。昭和28年NHKに入局。ドキュメンタリー「日本の素顔」「現代の記録」,大河ドラマ太閤(たいこう)記」「(もみ)ノ木は残った」などを演出。44年「明治百年」で芸術選奨文部大臣賞,54年「ポロロッカ・アマゾンの大逆流」で毎日芸術賞を受賞。のち長崎「オランダ村」総合プロデューサー,武蔵野美大教授をつとめた。著作に「映像とは何だろうか―テレビ制作者の挑戦」など。小説も手がけ「ジョナリアの噂(うわさ)」は芥川賞候補になった。平成20年9月30日死去。77歳。東京出身。東大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吉田直哉の関連情報