素顔(読み)すがお

精選版 日本国語大辞典「素顔」の解説

す‐がお ‥がほ【素顔】

〘名〙
① 地のままの化粧していない顔。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※雁(1911‐13)〈森鴎外〉七「厚化粧なんぞはせず、殆ど(スガホ)と云っても好い」
② 酒を飲んだようには見えない顔。また、酒気のない顔。しらふ。〔日葡辞書(1603‐04)〕
③ 飾らない、ありのままの姿。
※新西洋事情(1975)〈深田祐介〉鎮魂「Tがひょうきん者としての外面(そとづら)のしたにおそろしくきまじめで、人間的な素顔をかくしている」

そ‐がん【素顔】

〘名〙 色の白い顔。化粧しない顔。髯(ひげ)のない顔。また、すがお。〔王褒‐責鬚髯奴辞〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「素顔」の解説

す‐がお〔‐がほ〕【素顔】

化粧をしていない、地のままの顔。
飾らないありのままの姿。「日本の素顔」「スター選手の素顔
[類語]地顔

そ‐がん【素顔】

白い顔。化粧をしていない顔。すがお。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android