コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田富三 よしだとみぞう

6件 の用語解説(吉田富三の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉田富三
よしだとみぞう

[生]1903.2.10. 福島
[没]1973.4.27. 東京
病理学者。 1927年東京帝国大学卒業。 29年佐々木研究所に入り,32年佐々木隆興との共同研究で,オルトアミノアゾトルエンという化学物質を米に混ぜてシロネズミを飼育し,肝臓癌の人工発生に成功した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

よしだ‐とみぞう〔‐とみザウ〕【吉田富三】

[1903~1973]病理学者。福島の生まれ。東北大・東大教授。ネズミに肝臓癌(がん)を発生させる実験に成功。さらに吉田肉腫を発見するなど、癌研究に貢献した。文化勲章受章。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田富三 よしだ-とみぞう

1903-1973 昭和時代の病理学者。
明治36年2月10日生まれ。長崎医大,東北大,東大の教授を歴任。世界初の肝臓がんの人工的発生と吉田肉腫の発見で,2度の学士院恩賜賞。昭和34年文化勲章佐々木研究所長,癌(がん)研究会癌研究所長をつとめる。国語審議会委員として,漢字かなまじり文の定着につくす。昭和48年4月27日死去。70歳。福島県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

よしだとみぞう【吉田富三】

1903‐73(明治36‐昭和48)
病理学者,癌学者。吉田肉腫の発見者。福島県生れ。東大卒業後佐々木研究所に入り,佐々木隆興とともに発癌実験に従事し,ラットの肝臓癌発生に成功,さらに,移植しても発癌性を維持し,実験癌として研究に利用できるような,ラットの腹水癌を発見,これが〈吉田肉腫〉と命名された。これらの業績で2度の学士院恩賜賞(佐々木隆興とともに1936年,および53年)を受け,1951年に朝日文化賞,59年には文化勲章を受章。長崎医大,東北大医学部,東大医学部教授を歴任して病理学の担当をするとともに,60年には東京に国際癌学会議を招聘するなど国際的にも活躍した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

よしだとみぞう【吉田富三】

1903~1973) 病理学者。福島県生まれ。東大教授。ネズミの肝臓癌発生実験の成功、吉田肉腫の発見など癌研究に貢献した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉田富三
よしだとみぞう
(1903―1973)

病理学者。福島県浅川町に生まれる。1927年(昭和2)東京帝国大学医学部を卒業。病理学教室副手を経て、1929年佐々木研究所に入り、佐々木隆興(たかおき)の指導を受ける。o(オルト)‐アミノアゾトルエンの経口的投与でラットに肝臓癌(がん)を人工的につくる実験に成功、1936年佐々木とともに帝国学士院恩賜賞を授与された。その後、ドイツ、イギリス、アメリカに留学、1938年帰国して長崎医科大学教授に就任。1943年o‐アミノアゾトルエンを与えて飼育中のシロネズミの腹水内で増殖する肉腫(にくしゅ)細胞を発見、のちに「吉田肉腫」と命名された。簡単かつ高率に累代移植ができるため、癌研究の実験材料として好適なものと内外から注目を浴びた。1944年東北帝国大学教授に転じ、1952年(昭和27)東京大学教授。1953年吉田肉腫の病理学的研究により再度学士院恩賜賞を受賞、また財団法人佐々木研究所長を兼務。1959年文化勲章を受章、1963年癌研究会癌研究所(現、がん研究会がん研究所)所長に就任、1966年東京で開催された第9回国際癌会議の会長を務めた。[本田一二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の吉田富三の言及

【癌】より

…この成功に力を得て,イギリスの化学者グループが癌原物質の探索を精力的に行い,28年,ケナウェーE.Kennaway(1881‐1958)は合成炭化水素1,2,5,6‐ジベンズアントラセンの癌原性を明らかにし,33年にはクックJ.Cookがタール中の癌原物質が3,4‐ベンツピレンであることをつきとめた。他方,佐々木隆興と吉田富三は1932年,アゾ色素の一種であるo‐アミノアゾトルエンを飼料に混ぜてラットに与え,肝臓癌を発生させることに成功した。これは,単一の化学物質を,経口的に与えて,肝臓という実質臓器に,上皮性悪性腫瘍を発生させたという,どの1点をとっても画期的な実験であった。…

【制癌薬】より

…アルキル化剤は合成制癌薬としては最も早くから科学的,系統的に研究されたもので,1940~50年代にかけて開発されている。日本でも50年代に石館守三,吉田富三らの協力でナイトロジェンマスタード‐N‐オキシド(商品名ナイトロミン。以下かっこ内は商品名を指す)が生まれた。…

※「吉田富三」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

吉田富三の関連キーワード田原淳藤浪鑑リンパ肉腫病理生理学吉田肉腫大島福造グレフ安田竜夫プルキンエ病理学者

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉田富三の関連情報