コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田秀彦 よしだひでひこ

3件 の用語解説(吉田秀彦の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

吉田秀彦

柔道家。1969年9月3日、愛知県生まれ。身長180センチ、104キロ。小学4年から柔道を始め、14歳で柔道の私塾・講道学舎に入門。世田谷学園高校3年時にインターハイを制覇し、明治大学では世界選手権2連覇を達成する。92年のバルセロナ五輪78キロ級で金メダルを獲得し、以降、アトランタシドニーと3大会連続で五輪に出場。2002年、97年より務めた明治大学の監督を辞任してプロ柔道家に転向し、総合格闘技として活躍した。10年に引退し、11年、時間貸駐車場を運営するパーク24の柔道部監督に就任。柔道界を盛り上げるため一時的に現役復帰するとして、13年、全日本実業団体対抗大会に同実業団の選手として補欠登録した。

(2013-5-27)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田秀彦 よしだ-ひでひこ

1969- 平成時代の柔道選手。
昭和44年9月4日生まれ。世田谷学園高から明大にすすみ,世界学生選手権2連覇など活躍。内また,大外刈りを得意とし,平成4年バルセロナ五輪78kg級ですべて一本勝ちで金メダル。8年アトランタ五輪に出場。11年世界選手権90kg級で優勝。12年全日本選抜体重別で優勝。同年シドニー五輪に出場。9年母校明大の監督。14年明大の監督を辞任して吉田道場をひらく。同年総合格闘技大会「Dynamite!(ダイナマイト!)」で勝利しプロ格闘家デビューを飾った。愛知県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

タレントデータバンクの解説

吉田 秀彦


芸名
吉田 秀彦

性別
男性

生年月日
1969/09/03

星座
おとめ座

干支
酉年

出身地
愛知県

身長
180cm

体重
105kg

職種
スポーツ

プロフィール
愛知県出身。世田谷学園高校、明治大学卒業。1987年、第36回全国高校総合体育大会柔道競技 軽重量級優勝。以後、1992年、バルセロナオリンピック 金メダル、1999年、世界柔道選手権大会優勝など輝かしい経歴を持つ。2002年、ゴールデンハート賞受賞。2002年8月28日、プロ格闘家に転向。デビュー戦となった「Dynamite!」でのホイス・グレイシーとの戦いに勝利を収める。2010年4月25日、「吉田秀彦引退興行 ~ASTRA~」にて、弟子である中村和裕との試合を最後に現役を引退した。

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉田秀彦の関連キーワード吉田吉田〈村〉広島県安芸高田市吉田町吉田東吉田牛島秀彦堀秀彦吉田兼亮吉田冠子(初代)吉田秀升吉田文吾(初代)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉田秀彦の関連情報