コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田竜蔵 よしだ りょうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田竜蔵 よしだ-りょうぞう

1874-1945 明治-昭和時代前期の医師。
明治7年10月4日生まれ。広島県神辺(かんなべ)町周辺の風土病(片山病)の原因解明にとりくむ。明治37年京都帝大教授藤浪鑑(あきら)とともに病死者を解剖,日本住血吸虫を発見。40年地方病研究会をつくり,中間宿主であるミヤイリガイの駆除法を研究した。昭和20年10月31日死去。72歳。鳥取県出身。京都府医学校(現京都府立医大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

吉田竜蔵の関連キーワードおもなお雇い外国人原子爆弾投下対日占領政策ミネリ(Vincente Minnelli)モリスイギリス映画生活保護陸軍省内閣総理大臣ディープ・パープル

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android