吉田竜蔵(読み)よしだ りょうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田竜蔵 よしだ-りょうぞう

1874-1945 明治-昭和時代前期の医師。
明治7年10月4日生まれ。広島県神辺(かんなべ)町周辺の風土病(片山病)の原因解明にとりくむ。明治37年京都帝大教授藤浪鑑(あきら)とともに病死者を解剖,日本住血吸虫を発見。40年地方病研究会をつくり,中間宿主であるミヤイリガイの駆除法を研究した。昭和20年10月31日死去。72歳。鳥取県出身。京都府医学校(現京都府立医大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android