コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風土病 ふうどびょう endemic disease

6件 の用語解説(風土病の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

風土病
ふうどびょう
endemic disease

地方病ともいわれる。ある特定の地域に限定して,継続的に発生し,その地域の地理,気候などの地勢的因子に密接な関係をもつ特定疾患をさす。寄生虫症を含む感染性疾患と非感染性疾患があり,前者には新潟,山形,秋田の恙虫病,山梨,広島,佐賀の日本住血吸虫症アフリカの睡眠病,熱帯地方のマラリアなどがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふうど‐びょう〔‐ビヤウ〕【風土病】

ある一定の気候・風土をもつ地域に発生する病気。マラリア黄熱(おうねつ)など。地方病。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

風土病【ふうどびょう】

地方病とも。ある限られた地域の気候,土壌,生物相などの自然条件と住民の風俗,習慣などがあいまって起こる病気。過去の寄生虫病の多くが,これに相当したと考えられる。
→関連項目象皮病

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ふうどびょう【風土病 endemic disease】

ある疾患が一定の地域に持続的に多発する場合,このような疾患を風土病または地方病と呼ぶ。風土病には,その地域の地理,気候,生物相,土壌などの自然環境と,住民の衣食住の様式や習慣,因習および栄養障害の有無など種々の要因が関係している。熱帯地方に風土病的にみられる疾病は,一括して熱帯病と呼ばれることがある。現在では,かつて世界各地にみられた風土病は,住民の生活水準の向上や環境衛生の向上によってだんだんと消滅する方向にあり,風土病の分布状態も時代とともに変遷している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふうどびょう【風土病】

特定地域に持続的に多く発生する病気。その土地特有の自然環境や生活習慣が関与する。熱帯地方のマラリア・黄熱病、東南アジアや日本の日本脳炎など。地方病。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

風土病
ふうどびょう
endemic disease

ある一定の地域に限って昔から多発、蔓延(まんえん)している疾患で、とくにその土地の風土、気候、生物、土壌などの自然環境と、その地方の住民の風俗、習慣、因襲などが複雑に絡み合って生じた特殊な疾患をさす。一般に、その地方の住民に対する死亡率はあまり高くないが、根絶しにくいのが特徴である。地方病ともよばれるが、ある地方に限局される疾患という意味では共通しているものの、風土環境と密接な関係をもつ点では風土病とよぶほうが適切である。
 風土病の多くは感染性で、ときに流行の型をとって他の地方にも広がることがある。しかし、なかには人から人、あるいは動物から人へといった感染経路をまったくとらないものもある。たとえば、飲料水にフッ素が過剰に含まれているためにおこるという阿蘇(あそ)火山病や斑(はん)状歯のほか、地方的にみられる甲状腺腫(せんしゅ)はヨード不足によるといわれ、さらにビタミン欠乏による骨軟化症(くる病)やビタミンC欠乏症(壊血病)などもその例である。また寄生虫症の場合も、ある地方に濃厚に広がっているものは風土病として扱われる。日本の風土病で典型的なものの一つとされている日本住血吸虫症、肺吸虫症、肝吸虫症などのほか、条虫症や糸状虫症(フィラリア症)などがその例である。
 なお、本来の感染症であるマラリア、コレラ、黄熱、ペスト、赤痢、腸チフス、パラチフス、デング熱、日本脳炎、野兎(やと)病、睡眠病、ツツガムシ病などは、すべて一定の地方では常在していた疾患であり、風土病的色彩が濃いものである。なかには、熱帯地方に風土病的にみられるものがあり、まとめて熱帯病とよぶこともある。
 このほか、外国の風土病としては、リケッチア感染症の一種である北アメリカの山林地域に散発するロッキー山紅斑熱、トリパノソーマ感染症の一種である南アメリカに分布するサシガメに刺されて感染するシャーガス病、アフリカに常在するマンソン住血吸虫症など、数多くの風土病が知られている。[柳下徳雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

風土病の関連キーワード地域制配給続発地域団体膿毒症持続感染持続的感染エピデミックエンデミックフラクションコレクター

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

風土病の関連情報