コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田辰造(2代) よしだ たつぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田辰造(2代) よしだ-たつぞう

?-? 江戸時代後期の人形浄瑠璃(じょうるり)の人形遣い。
幼時から父の2代吉田辰五郎について修業し,文政6年(1823)2代辰造を襲名天保(てんぽう)の初め立者(たてもの),天保15年の父の死去後は跡をついで女方遣いの大立者となる。嘉永(かえい)5,6年(1852,53)ごろ死去。前名は吉田福次郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

吉田辰造(2代)の関連キーワード人形浄瑠璃人形遣いるり幼時