吉祥天画像(読み)きちじょうてんがぞう

旺文社日本史事典 三訂版の解説

吉祥天画像
きちじょうてんがぞう

吉祥天(インド神話から仏教にはいった女神で,衆生福徳を与える)の画像
奈良末期作の奈良薬師寺蔵のものは,称徳天皇発願の吉祥悔過 (けか) 会の本尊として有名。麻布に精密な表現で豊艶な吉祥天女が描かれ,その服装からの影響をうけた貴族女性の風俗を知ることができる。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

関連語をあわせて調べる