コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉野織部之助 よしの おりべのすけ

2件 の用語解説(吉野織部之助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉野織部之助 よしの-おりべのすけ

?-1639 江戸時代前期の開拓者。
もと武蔵(むさし)忍(おし)城(埼玉県)成田氏の家臣。農民となり武蔵多摩郡(東京都)下師岡村の名主をつとめる。慶長16年から代官大久保長安(ながやす)の許可をうけ武蔵野初の開拓村である新町(しんまち)村をひらき,月2回の市立てにも成功。その経過を「仁君開村記」にまとめた。寛永16年死去。名は正濤。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

吉野織部之助

没年:寛永16(1639)
生年:生年不詳
江戸前期の新田開発者。戦国期武蔵国忍城(行田市)城主成田氏の家臣。天正18(1590)年秀吉の関東攻略により成田氏が没落すると多摩郡師岡村(青梅市)に土着して武蔵野を開発し,村づくりの一典型を示した。織部之助の著とされている『仁君開村記』(1611~18年成立)によれば,新町村は日本七道六十六州になぞらえて,原野に道路7筋を入れ,江戸道の両側に33屋敷ずつ平均2町歩を区画し,深井戸5本を掘削,元和3(1617)年には月に2回の市立てにも成功したという。出百姓も漸増し,武蔵野台地の畑作新田村造成の先駆となった。<参考文献>「仁君開村記」(『東京都古文書集』9巻)

(大舘右喜)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉野織部之助の関連キーワード池上太郎左衛門新田開発鍬下年季海野屋作兵衛小川九郎兵衛椎名道三茂田七右衛門永島亀巣矢部理左衛門和気与左衛門

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone