コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同化デンプン どうかデンプン assimilatory starch

2件 の用語解説(同化デンプンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

同化デンプン
どうかデンプン
assimilatory starch

植物が光合成によって最初につくるデンプンをいう。陸上の緑色植物や緑藻では,特殊な植物を除いては,だいたい葉緑体中に一時貯蔵される。紅藻や藍藻では葉緑体の外部の細胞質中に一時貯蔵されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

同化デンプン
どうかでんぷん

緑色植物の葉に光合成の結果生ずるデンプンをいう。葉を日光に当てたあとアルコールで煮て葉緑素を除き、さらにアルカリ処理してから十分に水洗しヨードを加えると、葉が青紫色に染まり、デンプンが生じていることがわかる。夜間には、同化デンプン速やかに低分子化され、ショ糖の形となって貯蔵場所に運ばれ、ここでふたたびデンプンに再構成される。この貯蔵型のデンプンを貯蔵デンプンという。[村松 喬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

同化デンプンの関連キーワード貯蔵澱粉澱粉澱粉葉同化澱粉糖葉基礎生産損傷デンプン地下デンプン地上デンプン光合成サイクル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone