同地払手形(読み)どうちばらいてがた

精選版 日本国語大辞典「同地払手形」の解説

どうちばらい‐てがた ドウチばらひ‥【同地払手形】

〘名〙 為替手形の支払人、約束手形振出人の営業所または住所所在地支払地とする手形他地払手形に対するもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の同地払手形の言及

【支払地】より

…支払地と振出地とが同一の手形を同地手形,両者が異なるものを異地手形という。また支払地と支払人または約束手形の振出人の住所地とが同一の手形を同地払手形,異なるものを他地払手形という。支払地の記載を欠く場合でも,支払人の名称の付記地または振出地の記載があればそれが支払地とみなされ,手形は無効にならないですむ(手形法2条3項,76条3項,小切手法2条2,3項)。…

※「同地払手形」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android