同型(読み)ドウケイ

  • 同型 isomorphism

世界大百科事典 第2版の解説

同形とも書く。いくつかの数学構造をもつ二つの集合AからBへの写像fが同型写像であるとは,fAからBへの全単射写像で,fおよび逆写像f-1A,Bの対応する数学構造を保つことをいう。またこのときABは同型であるという。例えば,位相群Gから位相群G′への写像φが同型写像とは,φが群の全単射準同型写像で,さらにφおよびφ-1がともに連続写像(すなわち同相写像)でもあることを意味する。なお,同型写像の合成恒等写像は同型写像である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の同型の言及

【体】より

…このような体系が意識されるようになったのは,方程式の代数的解法の研究に伴って,一つの代数方程式の根の全体,または一部についての整式で表される数の体系が扱われるようになったことによる(ガロアの理論)。やがてJ.W.R.デデキントが体の概念を定義し,ガロア群を根の置換としてでなく,体の自己同型として考察した。L.クロネッカーは体Kの有限次代数拡大体を,多項式環K[x]の既約多項式f(x)によって,剰余類環K[x]/f(x)K[x]の形で与える考えを導入した。…

※「同型」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

同型の関連情報