コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

純一 ジュンイツ

デジタル大辞泉の解説

じゅん‐いつ【純一】

[名・形動]まじりけがないこと。飾りけや、うそ偽りがないこと。また、そのさま。「純一な人柄」
[派生]じゅんいつさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅんいつ【純一】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
まじりけのない・こと(さま)。 「 -な愛情」 「現実に満足し之に-なる時は/善の研究 幾多郎

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

純一の関連キーワード超生命体トランスフォーマー/ビーストウォーズ ネオ遊びじゃないのよ、この恋は長男の嫁〈2〉・実家天国レガッタ 国際金融戦争仮面ライダーグレイブきのうの敵は今日も敵プロデューサー巻きフレーフレー人生!さよならをもう一度てをたたきましょう風も雪もともだちだアビニョンの橋で結婚の理想と現実流氷の町・網走恋人たちの時刻愛と憎しみの河まきばのこうし愛と平成の色男意気天を衝く失われた過去

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

純一の関連情報