コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連続写像 れんぞくしゃぞうcontinuous mapping

世界大百科事典 第2版の解説

れんぞくしゃぞう【連続写像 continuous mapping】

fXYを集合Xから集合Yへの写像とする。すなわちXの各点xに対しYの点f(x)が対応しているとする。もし集合X,Yのいずれもが“近い”とか“近づく”といった概念で表される構造,すなわち位相構造を備えていれば,写像fXの点aで連続であるという概念が定義できる。すなわち,〈Xの点xaに近くなれば,f(x)がf(a)にいくらでも近くなる〉という条件によってそれを定義するのである。そして,〈fXの各点で連続であるとき,写像fXY連続である〉と定義することにより,連続写像という概念が得られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

連続写像の関連キーワードファイバーバンドルブラヴェルの定理ジョルダン曲線ポアンカレ群ホモトピーホモロジー不動点定理トポロジー連続関数被覆空間位相同形位相群不動点連続群力学系数学曲面同型

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android