コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同文彙攷 どうぶんいこう

世界大百科事典 第2版の解説

どうぶんいこう【同文彙攷】

朝鮮で李朝後期に編纂された,朝鮮と清国および日本との外交文書集。129巻。初め正祖の命により編纂。採集した外交文書を原,別,補,付編の4編58目とし,その後3年ごとに記事を書き加え,8次にわたり続刊された。主として1636年(仁祖14)から1882年(高宗19)に至る約150年間の文書の集大成で,李朝後期の東アジアの外交関係を知る良い史料である。1936年原編17~50巻を覆印。78年ソウル大学校で原刊本96冊の影印本を刊行。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

同文彙攷の関連キーワード朝鮮

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android