コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

哲宗 てつそうZhé zōng

世界大百科事典 第2版の解説

てつそう【哲宗 Zhé zōng】

1076‐1100
中国,北宋第7代皇帝,趙喣(ちようく)。在位1085‐1100年。神宗の第6子。10歳で帝位についたが,祖母の宣仁太后高氏が摂政として君臨した。元祐の年号の8年間は,司馬光,蘇轍(そてつ),呂大防らを中心に反新法の保守政治が行われた。1093年(元祐8),高氏が死ぬと親政し,紹聖と年号を改め,章惇(しようとん)らを登用して,新法の政治を行った。神宗実録の書き改め,旧法党の大弾圧などにより,党争を激化させた。

てつそう【哲宗 Ch‘ŏl‐jong】

1831‐63
朝鮮,李朝第25代の王。在位1849‐63年。兄の獄事に連座して江華島に流されていたが,前王の憲宗(在位1834‐49)に後継ぎがなく,突然ソウルによび戻されて19歳で即位した。国王としての正規の教育を受けず,姻戚の安東金氏のなすがままであった。王の治世中には税制の乱れがはなはだしく,水災や疫病がはやり,1862年には壬戌(じんじゆつ)民乱とよばれる全国的な民衆反乱が起きた。また,周辺の国々では日本の開港(1854)や英仏連合軍による北京占領事件(1860)があり,朝鮮沿岸にも英仏の艦船が出没して朝野に不安を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

哲宗
てつそう
(1076―1100)

中国、北宋(ほくそう)第7代皇帝(在位1085~1100)。第6代皇帝神宗の子。姓名は趙(ちょうく)。10歳で即位したが、9年間は高太皇太后の摂政(せっしょう)を受けた。この時期は神宗時代の反動を受け、旧法党が新法党にかわって政権を担当した。いわゆる元祐(げんゆう)の更化である。高太皇太后が没すると新法党を採用し、神宗の治世に倣おうとし、年号も新たにした。しかし、新・旧両法党の激しい抗争が起こり、しかも旧法党弾圧に主眼が置かれた政治抗争であったため、国力の衰退を招いた時期でもあった。[伊原 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

哲宗の関連キーワード哲宗[宋]ウィリアム[2世]レーシングカーコンピュータにおける数値の表現宋の時代(年表)宝塚市の汚職事件ウェールズ語コーンウォール語津野荘ブルトン語