同盟の誓約(読み)どうめいのせいやく(英語表記)Sened-i ittifak

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オスマン帝国の大宰相アレムダル・ムスタファ・パシャ提唱により,1808年 10月,アーヤーンの代表者たちとスルタンマフムート2世との間で,スルタンの宗主権の確認,徴税の円滑化などを取決めた盟約オスマン帝国の「マグナ・カルタ」とも呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android