コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同相変成作用 どうそうへんせいさようisophase metamorphism

岩石学辞典の解説

同相変成作用

変成作用の過程で再結晶作用のみが行われて,新しい鉱物相が形成されなかった変成作用[Eskola : 1939].同相変成作用には変形による圧砕変成作用も含まれる.同化学的変成作用の意味も含まれる.再結晶作用で原岩と同様の鉱物ができる場合に,純度が高まり,原岩では汚れた鉱物が透明になることがある.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone