同行衆(読み)ドウギョウシュウ

デジタル大辞泉の解説

どうぎょう‐しゅう〔ドウギヤウ‐〕【同行衆】

《「どうぎょうしゅ」とも》
同じ宗派の信者たち。特に、真宗の信者たち。
同じ講中の人々。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どうぎょうしゅう【同行衆】

真宗で、同じ宗門の人々。
同じ仲間。また、同じ講中の人々。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

どうぎょう‐しゅ ドウギャウ‥【同行衆】

〘名〙 (「どうぎょうしゅう」とも)
① 同じ仲間の人。また、同じ宗派修行者。特に、浄土真宗の信者仲間をいう。どうぎょう。
※瑩山清規(1324)下「勧発同行衆誦経典梵文陀羅尼章句
② 同じ講の仲間。講中の人々。どうぎょう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android