コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

講中 コウジュウ

大辞林 第三版の解説

こうじゅう【講中】

講をつくって寺社に参詣する人々。
頼母子講たのもしこうの仲間。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の講中の言及

【葬式組】より

…村落社会における葬儀執行のための近隣組織。無常講(むじようこう),不幸組(ふこうぐみ)あるいは単に講中ということが多い。葬式組として独自の組織の存在する所もあるが,一般的には村組や近隣組が葬儀に際し葬式組となる。…

※「講中」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

講中の関連キーワードオイケン(Walter Eucken)越後三山只見国定公園ワルター オイケン弥彦神社灯籠まつり大山(神奈川県)掛け念仏・掛念仏預かり金・預り金駒ヶ岳(新潟県)大和(新潟県)物詣で・遊山伊勢原[市]清雁寺繁盛早瀬栄之丞出羽三山オイケン頼母子講団扇太鼓秋葉信仰大山詣りお講汁

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android