コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名倉素朴 なぐら そぼく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

名倉素朴 なぐら-そぼく

1750-1828 江戸時代中期-後期の整骨医。
寛延3年生まれ。江戸千住にすみ,柔術,剣術をよくし,武備心流整骨伝を研究。幕府医官多紀元堅に薬法をまなび,明和7-8年(1770-71)ごろ整骨医をひらき業祖となる。子孫は代々素朴を名のった。文政11年死去。79歳。幼名は市三郎。名は直賢。通称は弥次兵衛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の名倉素朴の言及

【接骨師】より

…その後これらの整復は外科や戦国時代の金瘡(きんそう)医へと受け継がれた。江戸時代中期(18世紀)になって,柔術家でもあった名倉素朴が江戸に施療院を開設し,代々整復術を業とした。このため,名倉素朴は整復師の開祖とされ,整復術は〈名倉(なぐら)〉と俗称された。…

※「名倉素朴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

名倉素朴の関連キーワード岩垣東園冶金宇田川榕菴ザンド朝聖ミヒャエリス教会トーマス教会ウェールズ文学怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)華岡青洲ハーシェル(Sir Frederick William Herschel(1738―1822))

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android