コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名倉素朴 なぐら そぼく

1件 の用語解説(名倉素朴の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

名倉素朴 なぐら-そぼく

1750-1828 江戸時代中期-後期の整骨医。
寛延3年生まれ。江戸千住にすみ,柔術,剣術をよくし,武備心流整骨伝を研究。幕府医官多紀元堅に薬法をまなび,明和7-8年(1770-71)ごろ整骨医をひらき業祖となる。子孫は代々素朴を名のった。文政11年死去。79歳。幼名は市三郎。名は直賢。通称は弥次兵衛。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の名倉素朴の言及

【接骨師】より

…その後これらの整復は外科や戦国時代の金瘡(きんそう)医へと受け継がれた。江戸時代中期(18世紀)になって,柔術家でもあった名倉素朴が江戸に施療院を開設し,代々整復術を業とした。このため,名倉素朴は整復師の開祖とされ,整復術は〈名倉(なぐら)〉と俗称された。…

※「名倉素朴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

名倉素朴の関連キーワード羽倉信美菱田縫子伏原宣光三鍼樗雲出目満猶平賀東巌毛利就馴森俊韶山岸秋良