コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩垣東園 いわがき とうえん

2件 の用語解説(岩垣東園の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩垣東園 いわがき-とうえん

1774-1850* 江戸時代後期の儒者。
安永3年7月11日生まれ。伏原宣光(ふしはら-のぶみつ)にまなぶ。国史にも精通。養父岩垣竜渓の跡をつぎ大舎人助(おおとねりのすけ)・音博士となり,竜渓が創立した遵古堂でおしえた。嘉永(かえい)2年12月3日死去。76歳。京都出身。本姓は西尾。名は維光,松苗。字(あざな)は長尊,千尺。別号に謙亭。姓は巌垣ともかく。著作に「国史略」「東園百絶」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩垣東園
いわがきとうえん
(1774―1849)

江戸末期の儒学者。名は松苗、初名は維光、字(あざな)は長等。東園また謙亭と号した。京都の儒学者西尾杏庵(にしおきょうあん)の子で、のち岩垣竜渓(りょうけい)(1741―1808)の養子となった。古註(こちゅう)学派の伏原宣光(ふしはらのぶみつ)(1750―1828)に儒学を学び、また国史にもよく通じた。養父竜渓の後を継いで大舎人助(おおとねりすけ)に任ぜられ、大学音博士(はかせ)にも兼ね任ぜられて、従(じゅ)五位上となった。遵古堂(じゅんこどう)で門下生の教育にあたった。その著『国史略』5巻は、建国から豊臣(とよとみ)氏の全国統一までを叙述したもので、1826年(文政9)に刊行され、その後明治初年まで広く読まれた。同書を国史教科書として用いた藩校も多かった。詩文もよくし、『東園百絶』『続東園百絶』がそれぞれ1827年と1828年に刊行されている。[玉懸博之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩垣東園の関連キーワード新井静斎新井稲亭伊藤板渓岩永梅石五井鶴城佐藤東斎菅新菴門司東里矢部騰谷横田乾山

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone