コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩垣東園 いわがき とうえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩垣東園 いわがき-とうえん

1774-1850* 江戸時代後期の儒者。
安永3年7月11日生まれ。伏原宣光(ふしはら-のぶみつ)にまなぶ。国史にも精通。養父岩垣竜渓の跡をつぎ大舎人助(おおとねりのすけ)・音博士となり,竜渓が創立した遵古堂でおしえた。嘉永(かえい)2年12月3日死去。76歳。京都出身。本姓は西尾。名は維光,松苗。字(あざな)は長尊,千尺。別号に謙亭。姓は巌垣ともかく。著作に「国史略」「東園百絶」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩垣東園
いわがきとうえん
(1774―1849)

江戸末期の儒学者。名は松苗、初名は維光、字(あざな)は長等。東園また謙亭と号した。京都の儒学者西尾杏庵(にしおきょうあん)の子で、のち岩垣竜渓(りょうけい)(1741―1808)の養子となった。古註(こちゅう)学派の伏原宣光(ふしはらのぶみつ)(1750―1828)に儒学を学び、また国史にもよく通じた。養父竜渓の後を継いで大舎人助(おおとねりすけ)に任ぜられ、大学音博士(はかせ)にも兼ね任ぜられて、従(じゅ)五位上となった。遵古堂(じゅんこどう)で門下生の教育にあたった。その著『国史略』5巻は、建国から豊臣(とよとみ)氏の全国統一までを叙述したもので、1826年(文政9)に刊行され、その後明治初年まで広く読まれた。同書を国史教科書として用いた藩校も多かった。詩文もよくし、『東園百絶』『続東園百絶』がそれぞれ1827年と1828年に刊行されている。[玉懸博之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

岩垣東園の関連キーワード岩垣松苗新井静斎植木環山今村文吾上島掃部岩垣月洲儒者

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android