コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

向かひ火 ムカイビ

デジタル大辞泉の解説

むかい‐び〔むかひ‐〕【向かひ火】

燃え進んでくる火の勢いを弱めるために、こちら側からも火をつけること。また、その火。
「火を打ち出でて、―を著けて焼き退(そ)けて」〈・中〉
怒る相手以上に怒ってみせて、相手の勢いをおさえること。
「いとうしろめたき御心なりけりと、―つくれば」〈竹河
敵陣のかがり火に対してたく火。
「平家は生田森に陣を取って―を合す」〈盛衰記・三六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むかいび【向かひ火】

燃え広がってくる野火の火勢を弱めるため、こちら側からも火をつけること。また、その火。 「 -を著けて焼き退けて/古事記 中訓
相手の怒りの勢いを押さえるため、自分も怒ること。 「にくげにふすべ恨みなどし給はばなかなかことつけて我も-つくりてあるべきを/源氏 真木柱
敵陣のかがり火に対抗し、味方の陣でたくかがり火。 「平家は生田森に陣を取つて-を合はす/盛衰記 36

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android