コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

向仲寅之助 むかいなか とらのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

向仲寅之助 むかいなか-とらのすけ

1902-1943 大正-昭和時代前期の社会主義者。
明治35年5月1日生まれ。大正13年ソ連の東洋勤労者共産主義大学(クートベ)に留学し,昭和4年帰国。日本共産党の武装派の中心的存在となり,翌年和歌山事件で入獄。出獄後はロシア語の翻訳と研究に従事。14年「ソ連邦小型年鑑」を編集した。昭和18年8月16日死去。42歳。京都出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

向仲寅之助の関連キーワードレジスタンス文学太平洋戦争[各個指定]工芸技術部門マキノ雅広第2次世界大戦ロン=ティボー国際音楽コンクール第2次世界大戦育英制度木下恵介呉昌征

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android