日本共産党(読み)ニホンキョウサントウ

デジタル大辞泉 「日本共産党」の意味・読み・例文・類語

にほん‐きょうさんとう〔‐キヨウサンタウ〕【日本共産党】

マルクス‐レーニン主義を指導理論とする日本の共産主義政党。大正11年(1922)コミンテルン日本支部として結成。非合法組織として激しい弾圧の下に地下運動を続けたが、昭和20年(1945)合法政党として再建された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「日本共産党」の意味・読み・例文・類語

にほん‐きょうさんとう‥キョウサンタウ【日本共産党】

  1. 大正一一年(一九二二)に結成したマルクスレーニン主義を指導理論とする政党。第二次世界大戦前は、非合法組織として激しい弾圧の下に地下運動を続けていたが、昭和二〇年(一九四五)一〇月治安維持法の撤廃によって出獄した徳田球一らを中心に再建された。機関誌「赤旗」。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ) 「日本共産党」の意味・わかりやすい解説

日本共産党
にほんきょうさんとう

1922年(大正11)に結成された日本の共産主義政党。第二次世界大戦前は非合法状態におかれ、敗戦後に合法化されたが、議会政党として最左派に位置し、政権に参画したことはない。しかし、知的な影響力と強固な組織力とによって、現在に至るまで日本政治で大きな存在感を示してきた。

[中北浩爾 2023年2月16日]

第二次世界大戦前の日本共産党

日本共産党の創立は、1922年7月15日とされる。ロシア革命後に発足した共産主義インターナショナル(コミンテルン)が、日本の社会主義者に働きかけた結果であり、同年末のコミンテルン第4回大会で、日本支部として正式に承認を受けた。ところが、1923年6月5日の一斉検挙、同年9月1日の関東大震災のもとでの共産主義者らの虐殺事件を受けて、コミンテルンの承諾がないままに解党する。

 その後、コミンテルンの支援を得ながら党の再建が進められ、1926年12月4日から第3回大会が開かれた。解党前の中心的なリーダーであった山川均(ひとし)は、幅広い大衆を基礎とする合法無産政党の結成を目ざして、これに参加せず、福本和夫が理論的な指導者となった。ところが、その極左的な方針はコミンテルンに受け入れられず、ブハーリンが執筆した「二七年テーゼ」が、初めての綱領的文書として採択された。日本資本主義の半封建的性格という認識のもと、ブルジョア民主主義革命が社会主義革命に急速に転化するという二段階革命論は、絶対主義的な天皇制の打倒を掲げる「三二年テーゼ」へと引き継がれた。

 ところが、1925年4月22日に治安維持法が公布されるなど、日本共産党は政府の激しい弾圧を受け、1928年(昭和3)の三・一五事件、翌年の四・一六事件といった一斉検挙が繰り返され、逮捕者への拷問や党内へのスパイの潜入も行われた。また、日本共産党は、ソ連共産党が指導するコミンテルンへの従属などの弱点を抱え、それに疑問を感じた最高幹部の佐野学と鍋山貞親(なべやまさだちか)(1901―1979)が1933年6月10日に獄中で声明を出し、これ以降、転向が相次いだ。1935年3月4日には袴田里見(はかまださとみ)(1904―1990)が逮捕され、党中央委員会が壊滅した。

[中北浩爾 2023年2月16日]

第二次世界大戦後の日本共産党

アメリカを主体とする占領軍は1945年(昭和20)10月4日、日本政府に政治犯の即時釈放や治安維持法の廃止などを命じる「人権指令(自由の指令)」を発した。その6日後、徳田球一、志賀義雄(よしお)ら共産主義者が出獄し、公然活動に乗り出した。同年12月1日からの日本共産党第4回大会で再建された日本共産党は、合法化されたことに加え、長く獄中で非転向を貫いた徳田らの名声もあって、急速に勢力を伸ばし、全日本産業別労働組合会議(産別会議)などを指導下におくなど、労働運動の主導権を握った。

 日本共産党は当初、占領軍を解放軍とみなし、平和革命路線をとったが、二・一ゼネストへの中止命令、米ソ冷戦の激化などを受けて、反米に傾斜していった。1949年1月の衆議院選挙では35議席を獲得した。しかし、レッド・パージとよばれる占領軍と日本政府の弾圧を受けて、徐々に労働運動の主導権などを失っていった。1950年1月6日、ソ連共産党を中心とする共産党および労働者党情報局(コミンフォルム)から批判されたことを契機に、それに反論した所感派と国際派の党内対立が激化したが、結局、所感派もコミンフォルム批判を受け入れた。同年6月6日の占領軍による党中央委員の公職追放指令を受けて、所感派の書記長徳田らは中国に渡り、ソ連・中国共産党の指示のもと、武装闘争の必要性を唱える「1951年綱領」を制定し、実行に移したが、失敗に終わった。

 1955年7月27日からの第6回全国協議会(六全協)では、それまでの極左的な方針を否定し、党の統一を回復した。1958年7月21日からの第7回大会では、議長に野坂参三(さんぞう)を選出するとともに、死亡した徳田に代わる書記長に旧国際派の宮本顕治(けんじ)が就任した。さらに安保闘争後の1961年7月25日からの第8回大会で、新たな綱領を制定した。この「1961年綱領」は日本を高度に発達した資本主義国でありながらアメリカの事実上の従属国であると位置づけ、民族民主革命が社会主義革命に急速に転化するという二段階革命論を主張した。

 やがて宮本指導下の日本共産党はソ連、ついで中国と衝突し、1966年10月24日からの第10回大会で、自主独立路線を確立した。また、大衆的な党組織の建設に努め、党員数や機関紙『赤旗(あかはた)』(現、『しんぶん赤旗』)の部数が飛躍的に伸長し、民主商工会(民商)や日本民主青年同盟(民青)などの大衆団体も発展した。1970年7月1日からの第11回大会では宮本が委員長になり、不破哲三(ふわてつぞう)が書記局長に就任するとともに、人民的議会主義を打ち出した。さらに1972年12月の衆議院選挙で38議席を獲得し、社会党に次ぐ野党第二党に躍進し、民主連合政府の構想を打ち出した。この時期、東京都をはじめ革新自治体が多数誕生し、理論的にもプロレタリア独裁を放棄するなどの刷新を図った。ただし、分派の禁止を含む民主集中制(民主主義的中央集権制)の組織原則は維持した。

 ところが、日本共産党の民主集中制に対する批判が強まり、1970年代なかばごろから党勢に頭打ちの傾向がみえ始めた。また、1980年1月10日に日本社会党が公明党と合意を結び、日本共産党を政権協議の対象から外すことを決めた。停滞と孤立のなか、日本共産党は1982年7月27日の第16回大会で宮本議長、不破委員長の体制に移行した後、1990年(平成2)7月9日からの第19回大会で志位和夫(しいかずお)(1954― )を書記局長に起用し、若返りを図った。しかし、逆風は続く。1989年に中国の天安門事件や東欧の民主化革命が発生し、1991年にはソ連が崩壊した。また、1994年の政治改革によって、日本共産党に不利な小選挙区制を中心とする選挙制度が衆議院に導入された。

[中北浩爾 2023年2月16日]

現在の日本共産党

国際共産主義運動の指導党であったソ連共産党の解散は、日本共産党にとっても打撃となったが、自主独立路線などを背景に、比較的軽微なものにとどまった。長く野党第一党であった日本社会党が、非自民連立政権に参加した後、宿敵の自由民主党(自民党)と連立を組んだため、それに失望した旧来の日本社会党支持者を取り込んだ日本共産党は「唯一の革新」を標榜(ひょうぼう)して議席を増やし、1996年10月の衆議院選挙で26議席と躍進した。宮本議長の引退を経て、1998年7月の参議院選挙では過去最高の23議席に達した。

 2000年(平成12)11月20日の第22回大会で、志位が委員長に就任し、不破が議長に回った。1994年に「中立自衛」論から「非武装中立」論に転換していた日本共産党は、2004年1月13日からの第23回大会で新たな綱領を制定し、従来の二段階革命論を維持しながらも、護憲の方針を明確化した。しかし、2000年代に入ると、自民党と民主党を軸とする二大政党化の動きが進展し、日本共産党は議席を減らした。また、党員や機関紙の面でも後退が続いた。

 ところが、2012年に民主党政権が終わり、自民党政権が復活すると、翌年7月の参議院選挙以降、一転して躍進する。さらに2015年の安保法制反対運動を契機として「戦争法(安保法制)廃止の国民連合政府」を呼びかけ、翌年の参議院選挙から野党共闘の名のもとで民進党などとの選挙協力が行われるようになった。しかし、立憲民主党と「限定的な閣外からの協力」を合意して臨んだ2021年(令和3)10月の衆議院選挙で後退し、野党共闘は行きづまった。また、党員数など党勢の衰退にも歯止めがかかっていない。

 結党100年の2022年の時点で、委員長は志位和夫、書記局長は小池晃(あきら)(1960― )、国会議員数は衆院10人、参院11人、党員は約26万人、機関紙(日刊紙・週刊紙を含む)の読者数は約90万人。2021年末の地方議員数は、都道府県議会議員が140人、市区町村議会議員が2444人。

[中北浩爾 2023年2月16日]

『日本共産党中央委員会編・刊『日本共産党の八十年 1922~2002』(2003)』『中北浩爾著『日本共産党――「革命」を夢見た100年』(中公新書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア 「日本共産党」の意味・わかりやすい解説

日本共産党【にほんきょうさんとう】

1922年堺利彦山川均徳田球一らが中心となって結成した政党。天皇制廃止と民主主義革命の方針を掲げ,侵略戦争に反対して非合法活動を行った。三・一五事件四・一六事件の弾圧と幹部の転向で党中央は壊滅状態となった。第2次大戦後徳田,志賀義雄野坂参三らによって再建,合法的に活動を開始。産別会議の主導権をにぎり労働運動を通じて民主化を推し進めたが,1950年コミンフォルムが占領下の平和革命方式を批判して党内は混乱,レッドパージにより分裂。1955年第6回全国協議会(六全協)で火炎びんなど極左冒険主義的方針を自己批判,以後反帝・反独占の人民民主主義革命をめざす。安保闘争ののち,総選挙ごとに党勢を拡大。1970年宮本顕治中央委員会幹部会委員長,不破哲三書記局長体制が発足。1972年の総選挙では39議席(革新共同を含む)と大躍進。1976年以降,他の野党の反共攻撃に議席を減らしたが,1979年の総選挙で党史上最高の41議席を獲得。しかし翌年には29議席に後退,以後党勢は伸び悩んだ。1979年ソビエト連邦共産党と15年ぶりに関係を正常化。1982年,結党60周年を迎えて宮本が中央委員会議長,不破が委員長となった。1993年以来の連立政権下で〈唯一の野党〉を貫き,1996年の総選挙では選挙制度の変更も利して議席をほぼ倍増,社会民主党(旧日本社会党)を抜いて第4党になり,1997年の東京都議選では議席を倍増させ,自民党に次ぐ第2党になった。また1998年の参議院選挙でも15名が当選。1997年9月の党大会で宮本議長が引退し,委員長に不破哲三,書記局長に志位和夫の体制に完全に移行。1998年文化大革命以後断絶していた中国共産党との関係を正常化した。2000年11月の党大会で〈前衛政党〉〈社会主義革命〉などの表現を削除した党規約改定案を採択し,不破議長,志位委員長体制が確定した。2004年1月の党大会では,従来拒否してきた天皇制と自衛隊の存在を当面容認するなどの綱領改定を採択したが,7月の参院選では大幅に議席を減らした。2006年,不破が議長を退任,議長不在のまま志位委員長が党首の位置を占めた。2012年12月の衆議院選挙では,他の左派・中道左派と同様議席を減らし,8議席にとどまった。しかし2013年の参院選で議席を増やし,2014年12月の衆院選では,集団的自衛権行使容認の閣議決定反対,消費税増税反対など安倍政権に対する反対姿勢を強調,〈自共対決〉を掲げて批判票を集め,大幅増の21議席を獲得,議案提出権を得た。
→関連項目赤旗(新聞)赤松克麿浅沼稲次郎荒畑寒村市川正一伊藤律井上光晴江口渙青梅事件大井広介大西巨人沖縄人民党小田切秀雄神山茂夫企画院事件蔵原惟人原水爆禁止日本協議会原水爆禁止日本国民会議コップ(KOPFJ)佐野学32年テーゼ上海会議1月テーゼ政治と文学論争全学連全日本学生社会科学連合会中野重治鍋山貞親27年テーゼ日本日本民主青年同盟野間宏野呂栄太郎福本イズム福本和夫藤森成吉三田村四郎無産者新聞無産政党山川イズム労農党

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

改訂新版 世界大百科事典 「日本共産党」の意味・わかりやすい解説

日本共産党 (にほんきょうさんとう)

日本の共産主義政党。第1次世界大戦後の社会運動の高揚とロシア革命の影響が波及するなかで,社会主義も新たな台頭をみせ,1920年12月に日本社会主義同盟が結成された。このころ,ロシア革命の成果を吸収した堺利彦山川均らによるマルクス=レーニン主義の普及とコミンテルンからの働きかけがあいまって,21年4月には堺,山川らが中心となって日本共産党準備委員会を組織し,〈日本共産党宣言〉と〈日本共産党規約〉を採択した。22年1月から2月にかけてコミンテルン主催の極東民族大会に,アメリカから入露した片山潜らとともに日本から徳田球一,高瀬清,吉田一らが参加したことが契機となり,同年7月15日,正式の創立大会がもたれ,堺利彦が委員長となった。発足した党は,同年11月のコミンテルン第4回大会でコミンテルン支部・日本共産党として承認された。

 創立後,党は《前衛》7・8月号掲載の山川の〈無産階級運動の方向転換〉を指針として労働者や知識人に影響を拡大するとともに,1923年2月の第2回大会で,コミンテルン第4回大会のとき片山の参加で起草された〈君主制の廃止〉をはじめとする民主主義革命を骨子とする〈日本共産党綱領草案〉を審議したが,採択には至らなかった。同年5月の早稲田軍教事件をきっかけに当局は共産党の存在を知り,堺,山川,徳田,市川正一野坂参三ら党員を逮捕し29名を治安警察法違反で起訴した。この第1次共産党事件に続く関東大震災時の社会主義者の虐殺を含む弾圧のなかで赤松克麿らの解党論が台頭し,24年2月に荒畑寒村の反対はあったが解党を決議した。解党後設置された残務整理委員会は,同年5月雑誌《マルクス主義》を発刊したりしたが,コミンテルンは解党に反対し,25年1月の上海会議で党再建を指示した。会議に出席した徳田らは残務整理委員をビューローに改組し,同年9月には合法機関紙《無産者新聞》を発刊して労働問題や無産政党問題に対応するなかでコミュニスト・グループを拡大し,26年12月に山形県五色温泉で再建(第3回)大会を開催した。再建共産党の委員長には佐野文夫が就任したが,その理論的指導者は政治部長の福本和夫であった。福本イズムは〈分離結合〉論といわれ,党や大衆組織の結集のまえに〈マルクス主義的政治意識〉を分離結晶すべきであり,そのための理論闘争を強調したものであった。その結果は,実践運動の軽視と理論闘争による無産階級の大衆的組織の分裂をも促進した。再建共産党の実態をみたコミンテルンは,福本,徳田,渡辺政之輔鍋山貞親らの幹部を27年7月モスクワに呼び,党再建に反対した山川とともに福本イズムを分裂主義と批判し,党再建の組織方針と日本革命の基本的方針を示した〈日本問題に関する決議〉(〈27年テーゼ〉)を作成した。同年12月の拡大中央委員会はテーゼを採択し,工場細胞の建設,機関紙《赤旗(せつき)》創刊,労働農民党,日本労働組合評議会日本農民組合全日本無産青年同盟などをとおしての労農運動,対支非干渉運動,初の普通選挙などに活動した。しかし,再建を知った警察は,28年三・一五事件と翌29年四・一六事件の大検挙で党組織と労農党はじめ影響下の大衆組織に壊滅的打撃を与えた。

 弾圧による幹部の喪失と1928年夏のコミンテルン第6回大会での〈社民主要打撃〉論などの方針は共産党に混乱をもたらし,恐慌下には武装闘争を展開して大衆から遊離したが,31年の満州侵略に反対する闘争のなかで党勢を拡大し,32年に採択された綱領〈32年テーゼ〉は日本資本主義と天皇制国家の分析で学界にも大きな影響を与えた。しかし党本部に潜入したスパイ松村某(飯塚盈延)の画策,それに起因する党内闘争の激化,加えて33年6月の佐野学・鍋山貞親の声明に始まる大量転向,そして野呂栄太郎の検挙(33年11月)を機とする赤色リンチ事件とそれに続く宮本顕治・袴田里見の検挙(33年12月,35年3月)で党中央部は解体した。その結果,コミンテルンの反ファシズム人民戦線の政策についても,海外から野坂らが指示しても,一部党員の実践にとどまり,36年以降はファシズムの弾圧体制のもとで閉塞状態におかれた。

 敗戦後の1945年10月,占領軍の指令で獄中にあった徳田,志賀義雄らは釈放されるとただちに《赤旗》を再刊して活動を開始し,同年12月に第4回大会を開いて行動綱領を決定し,徳田書記長以下の役員を選んで組織を再建した。敗戦時の食糧難のなかで急速に発展した労働運動の面では産別会議を指導下におき,また46年1月の野坂の帰国を機に盛り上がった民主人民戦線運動によって大衆的影響力も拡大し,46年4月の戦後初の総選挙で5名の当選者を出し,49年1月の選挙では35名を当選させた。しかし,冷戦による占領政策の転換による共産党弾圧(レッドパージ),労働運動に対する政治的押しつけへの反発,50年1月のコミンフォルムによる民族闘争を軽視した平和革命方式への批判(コミンフォルム批判)とそれを契機とする党の分裂・抗争により弱体化し,加えて徳田派が51年10月の第5回全国協議会で武力革命を方針とする〈新綱領〉を採択し,それに基づいて中国革命にならった山村工作隊や火炎びん闘争などの軍事方針を実施したため,52年の総選挙で前回の得票数298万票から89万票(議席はゼロ)に激減したことに示されるように,国民大衆の支持を失うに至った。

 講和発効後の1955年7月の第6回全国協議会(六全協)は,武装闘争を放棄し党の統一を回復した。その後,56年2月のスターリン批判後の新たな潮流のなかで,原水爆禁止運動,基地反対闘争,警職法闘争,安保闘争を通じてしだいに大衆運動との結合を回復し,61年7月の第8回党大会で,統一戦線に基づく反米・反独占の民族民主主義革命を経て社会主義革命を達成するという綱領を採択し,中央委員会議長に野坂参三,書記長に宮本顕治の50年問題で分裂した両派の幹部を選出した。

 新路線を確定した宮本を中心とする指導部は,議会政策の重視,党員と機関紙《赤旗》の拡大を追求して一定の政治的影響力をもつようになり,1967年の美濃部革新都政をはじめ大阪,京都,沖縄などの革新自治体を生み支える力となり,国政レベルでも72年12月の衆議院議員選挙で24増の38議席,74年7月の参議院選でも9増の13議席を獲得し,国会議員数58人という党史上最高を記録した。

 しかし,80年代に入り社会党の右傾化,労働戦線の右翼的再編が進むなかで政界内での孤立化がすすみ,総選挙では79年12月の39議席獲得を除いては後退から停滞を続けた。とりわけ,89年の中国の天安門事件と東欧の共産主義政権の急激な崩壊は大きな影響をもたらした。しかし,55年体制が崩壊し,野党第一党であった社会党が細川護煕・橋本竜太郎連合政権に入り自衛隊や日米安保容認など従来の革新色を失い,共産党を除く諸党の政策的相違が稀薄になるに伴って同党はしだいに支持を拡大し,96年10月の総選挙では15から26に議席を増やして,97年9月の第21回党大会を迎えた。この大会では,民主的改革のために従来の社共中軸型の統一戦線にこだわらず,保守・革新を問わず民主的な無党派層との統一の方針を打ち出した。宮本顕治はこの大会で議長を退き名誉議長となり,不破哲三・志位和夫体制が発足した。96年12月現在,国会議員数40人,党員数約36万人,機関紙《しんぶん赤旗》約250万部(日刊・日曜版合計)。その指導影響下には,民主青年同盟,全労連(全国労働組合総連合),全国革新懇(平和・民主主義・革新統一をめざす懇談会),全国商工団体連合会(民主商工会の全国組織),新日本婦人の会,全日本学生自治会総連合,日本平和委員会,原水爆禁止日本協議会などの組織がある。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「日本共産党」の意味・わかりやすい解説

日本共産党
にほんきょうさんとう

日本の政党。共産主義政党。1922年山川均堺利彦らによって創立され,同年コミンテルン第4回大会でコミンテルン日本支部として承認された。第2次世界大戦前は非合法状態にあったが,戦後に合法的政党となる。1923年6月,第1次共産党検挙で幹部の多数を奪われ,翌 1924年に解党を決議したがコミンテルンに反対され,1926年に渡辺政之輔らを中心に再建にとりかかった(→二十七年テーゼ)。しかし 1928年の三・一五事件,1929年の四・一六事件による大検挙と相次ぐ弾圧により党中央は壊滅的打撃を受け,1945年の第2次世界大戦終結まで地下に潜行した。1945年10月に徳田球一志賀義雄らの幹部が出獄し,同年 12月に初めて合法政党となった。1946年には野坂参三が中国から帰国し,同 1946年の戦後初の衆議院議員総選挙で 5人,1949年の総選挙で 35人が議席を獲得した。しかし,1950年にコミンフォルムによって平和革命論の幻想を批判され,党内は分裂。一方,冷戦により連合国総司令部 GHQは日本共産党中央委員の追放など弾圧を強め,党は半非合法状態になった。1951~52年に徳田派が極左冒険主義戦術を実施して党員の激減と大衆の支持を失う結果を招き,1955年第6回全国協議会(六全協)で武装闘争を放棄,党の統一を回復した。1961年に構造改革派が大量に離脱,1964年には親ソビエト連邦派,1967年には親中国派が除名されるなど,大規模な組織変動を経て宮本顕治書記長による長期体制のもとで自主独立路線が確立された。1972年総選挙で 38議席を獲得して野党第二党に躍進したが,その後党勢は停滞した。1994年に衆議院の選挙制度が小選挙区比例代表並立制(→比例代表制)に変更されると,共産党は全選挙区で候補者を擁立しても当選が難しくなり,比例代表選挙だけでほとんどの議席を獲得する小政党となった。1990年代後半には,将来は社会主義勢力だけでなく保守も連立の対象となり得るとする柔軟・現実路線に転換。2000年には「共産主義」ということばを削除するなどの党規約改定案と,自衛隊の存在と活用を一部容認した決議案を採択した。2004年には天皇制と自衛隊の存在を事実上容認する新綱領を採択した。2010年,これまで敵視していたアメリカ合衆国との関係について柔軟路線を打ち出した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵 「日本共産党」の解説

日本共産党

1922年に創立。第2次世界大戦前は天皇制と相いれない勢力として治安維持法違反などで大量逮捕の弾圧を受け、獄中での抵抗や転向などの歴史を刻んだ。戦後は46年の総選挙で5議席を獲得。49年には35議席に躍進した。79年には39議席を記録した。90年代はソ連の解体など社会主義への逆風で伸び悩んだものの、社会党や公明党が政界再編の波にのまれ、野党勢力が弱体化する中で「唯一の野党」をアピールした。95年から導入された政党助成法に反対し、助成金を受け取っていない。96年の総選挙では26議席に党勢を拡大した。不破哲三委員長、志位和夫書記局長のコンビが柔軟路線を打ち出したこともあって、2000年6月の総選挙では躍進も予想されたが、26議席から20議席に後退した。小選挙区では当選者がいなかった。同年11月には不破が議長に、志位が委員長にそれぞれ就任。書記局長には、市田忠義参院議員が起用された。01年の参院選では、改選8議席を5議席に減らした。不破議長は次期総選挙に出馬しないことを表明したが、党内での隠然たる影響力は残った。不破ら執行部は03年6月に綱領改定案をまとめた。(1)天皇制について「君主制廃止」との表現で反対してきたのを「憲法上の制度。存廃は国民の総意で解決」などと改める、(2)「解散を要求する」としてきた自衛隊について「国民の合意で憲法9条の完全実施に向けて前進を」として当面は容認する、(3)資本主義の枠内で可能な民主主義革命を目指す、などが柱で、現実路線に大きく踏み出している。03年11月の総選挙では、自民党対民主党という二大政党化が進む中で、共産党は20議席から9議席に半減させ、退潮傾向に歯止めはかからなかった。04年1月の第23回党大会で、綱領改正案が採択され、「現実路線」は進んだが、同じ野党とはいっても、民主党との政策的な距離は大きい。民主党側は共産党との共闘に慎重な姿勢を崩していない。04年の参院選では改選15議席から4議席に激減した。05年の総選挙では、公示前と変わらぬ9議席にとどまった。06年1月の党大会で不破は議長を辞職、議長ポストは空席となった。志位委員長・市田書記局長の執行部体制は継続した。

(星浩 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

山川 日本史小辞典 改訂新版 「日本共産党」の解説

日本共産党
にほんきょうさんとう

日本の共産主義政党。1922年(大正11)7月15日,コミンテルンの指示にもとづいて秘密裡に創立された。一時解党ののち,26年(昭和元)12月に再建。普通選挙の実施にともない,共産党の影響力拡大をおそれた政府は3・15事件,4・16事件で弾圧を加えた。32年にはコミンテルンの指導で天皇制廃止とブルジョア革命をめざすテーゼを作成。このテーゼは戦前期の明治維新史研究などに強い影響を与えた。33年の佐野学・鍋山貞親の転向声明以後大量の転向者をだし,35年までに中央指導部も壊滅した。第2次大戦後は合法政党として党組織を再建。占領期には労働組合運動を通じて国民との太いパイプをもっていたが,50年の分裂と武装闘争方針で支持を失った結果,55年極左方針を転換した。60年代末からの革新ムードのなかで党勢を拡張したが,現在までのところ72年の総選挙での39人(革新共同を含む)当選を上まわる勢力にはなっていない。

出典 山川出版社「山川 日本史小辞典 改訂新版」山川 日本史小辞典 改訂新版について 情報

旺文社日本史事典 三訂版 「日本共産党」の解説

日本共産党
にほんきょうさんとう

現代の革新政党の一つ
1922(大正11)年,コミンテルン主催の極東民族大会ののち,東京で堺利彦・山川均・荒畑寒村・徳田球一らを中心に秘密のうちに創設。天皇制の廃止を含むブルジョア革命を当面の目標にした。'23年には早くも第1次検挙事件があり,「27年テーゼ」「32年テーゼ」と国際的な指導もあって,党活動は続けられたが,数々の大量検挙・弾圧(小林多喜二・野呂栄太郎らの虐殺)により,'35年には活動不能となった。第二次世界大戦後,'45年政治犯徳田・志賀義雄らの出獄とともに再建。'50年占領軍の指令で幹部追放が行われ,一時分裂したが,'55年7月,第6回全国協議会で統一再出発した。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典(旧版)内の日本共産党の言及

【赤旗】より

…1928年に創刊された日本共産党中央機関紙。ただし,第2次大戦前は一般に〈せっき〉と呼ばれた。…

【コミンフォルム】より

…ソ連共産党が和解の手を差しのべたのは,スターリンの死後であり,第一書記に就任したフルシチョフは55年5月ベオグラードを訪問,ユーゴスラビア共産党に加えられた数々の侮辱を詫びた。ヨーロッパ以外の各国共産党に対しても,たとえば1950年から51年にかけて,日本共産党の平和革命論(野坂理論)を批判したり,党内論争にも介入したが,これは日本共産党の戦術転換の契機となった。コミンフォルムは56年4月解散したが,そのきっかけは同年2月のソ連共産党第20回大会でのスターリン批判である。…

【32年テーゼ】より

…1932年コミンテルン執行委員会が作成した日本共産党のテーゼ(今日の綱領的文書に相当)。日本共産党は1931年4月〈政治テーゼ草案〉を起草し,当面の革命の性質をプロレタリア革命であるとしたが,満州事変勃発の情勢のもとで正しくないという批判を招いた。…

【山村工作隊】より

…1952年半ばに日本共産党が山村地帯に〈遊撃隊〉をつくる目的でおこなった組織活動。日本共産党では1951年2月,コミンフォルム,中国共産党が50年1月におこなった同党批判を承服した〈所感派〉が第4回全国協議会を開き,〈当面の基本的闘争方針〉を採択した。…

【社会主義】より

…これに対し山川均は,《社会主義研究》を1919年創刊し,マルクス主義を掲げてロシア革命とボリシェビズムの系統的な紹介を行った。この山川の影響の下,コミンテルンと結びついて22年に日本共産党が組織される。山川は普選運動への参加には反対しながら,無産階級の政治闘争を主張したのである。…

【マルクス】より

…また,07年には山川均によって《資本論》第1巻の紹介が行われている。しかし,マルクスの思想が本格的に紹介されるようになったのはロシア革命(1917)以後であり,22年には〈日本共産党〉(委員長堺利彦)が結成され,コミンテルン第4回大会において承認された。 昭和に入ると,福本和夫,三木清,河上肇などによるマルクス論が左翼的インテリのあいだで強い影響を及ぼすようになり,28年(昭和3)には世界で最初の改造社版《マルクス・エンゲルス全集》の刊行が開始された(全27巻30冊,補巻1,別巻1。…

【無産者新聞】より

…戦前日本共産党の合法機関紙。1924年解党した日本共産党の再組織運動の過程で結成された〈コミュニスト・グループ〉によって,25年9月20日創刊された(週刊)。…

※「日本共産党」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android