向山雅重(読み)むかいやま まさしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

向山雅重 むかいやま-まさしげ

1904-1990 大正-昭和時代の郷土史家。
明治37年7月6日生まれ。大正10年から昭和38年まで生地の長野県上伊那郡内の小・中学校で教員をつとめる。教壇にたつかたわら三沢勝衛,有賀喜左衛門,柳田国男にまなんで「郷土人の郷土研究」をすすめ,「山村小記」「信濃(しなの)民俗記」などをあらわした。45年柳田国男賞。平成2年1月24日死去。85歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android