民俗(読み)みんぞく

精選版 日本国語大辞典「民俗」の解説

みん‐ぞく【民俗】

〘名〙
① 人民の風俗。民間の習俗。住民のならわし。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※養生訓(1713)六「今世の時運を考へ、人の強弱をはかり、日本の土宜と民俗の風気を知り」 〔韓非子‐解老〕
② 民衆。
※東大寺続要録(1281‐1300頃)供養篇「移民俗於仁寿之域〈略〉文治元年八月廿八日」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「民俗」の解説

【民俗】みんぞく

民間の風俗・習慣。〔管子、正世〕古の世を正し天下をへんと欲するは、必ず先づ國、事務を料(はか)り、民俗を察し、~得失の在るを知り、然る後、事に從ふ。

字通「民」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android