向桟敷(読み)むこうさじき

精選版 日本国語大辞典の解説

むこう‐さじき むかふ‥【向桟敷】

〘名〙 江戸時代の劇場で、舞台と相対する正面二階の桟敷。舞台に近い順に、引舟・本舟・中舟・後舟・百桟敷の五階級があった。
※俳諧・西鶴五百韻(1679)何秤「向ふさしき西には秋の山見えて〈西友〉 つつ利させてふ三十余畳〈西吟〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる