コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吸エルゴン反応 きゅうエルゴンはんのうendergonic reaction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吸エルゴン反応
きゅうエルゴンはんのう
endergonic reaction

標準自由エネルギーの増大を伴うような化学反応。系において自由エネルギーが増加するためには,系外からエネルギーの投入が必要である。すなわち生物界での反応のうち多くの合成的反応,濃度勾配にさからって物質を蓄積する方向に向う能動輸送筋収縮などの力学的運動の基礎をなす mechanochemical反応などは,いずれも吸エルゴン反応である。これら反応を進行させるエネルギー源アデノシン三リン酸 ATPであることが多いが,他の高エネルギー物質や酸化還元反応などの発エネルギー (発エルゴン) 反応もエネルギー供給源となりうるし,光合成化学合成にみるように,光エネルギーや無機化学反応がエネルギーの提供源となることもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

吸エルゴン反応の関連キーワード標準自由エネルギー同化