コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吸収型周波数計 きゅうしゅうがたしゅうはすうけいabsorption frequency meter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吸収型周波数計
きゅうしゅうがたしゅうはすうけい
absorption frequency meter

LC共振回路を利用して高周波,超高周波の周波数を測定する装置。被測定回路に共振回路のコイルを近づけ可変コンデンサで同調させる。あらかじめ校正されたコンデンサのダイヤル目盛りから周波数を読取る。また,回路に周波数可変の LC発振器を設けておき,入力電波とのうなりをなくすことにより未知周波数との一致を知るヘテロダイン周波数計もある。この場合,可変発振器ではその精密コンデンサの目盛りが別に内蔵された水晶発振器高調波で校正される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

吸収型周波数計の関連キーワード周波数計

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android