吸収型周波数計(読み)きゅうしゅうがたしゅうはすうけい(英語表記)absorption frequency meter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吸収型周波数計
きゅうしゅうがたしゅうはすうけい
absorption frequency meter

LC共振回路を利用して高周波,超高周波の周波数を測定する装置。被測定回路に共振回路のコイルを近づけ可変コンデンサで同調させる。あらかじめ校正されたコンデンサのダイヤル目盛りから周波数を読取る。また,回路に周波数可変の LC発振器を設けておき,入力電波とのうなりをなくすことにより未知周波数との一致を知るヘテロダイン周波数計もある。この場合,可変発振器ではその精密コンデンサの目盛りが別に内蔵された水晶発振器高調波で校正される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android