コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吸坂(すいさか)飴

デジタル大辞泉プラスの解説

吸坂(すいさか)飴

石川県加賀市の名物菓子。大麦と蒸し米のみを原料とする飴菓子

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吸坂飴
すいさかあめ

石川県加賀市大聖寺(だいしょうじ)の名物飴。大聖寺から山代(やましろ)、山中温泉に向かう途中の吸坂峠で、寛永(かんえい)(1624~1644)以来つくり伝えられてきた赤飴で、白くさらしたものや、飴8、黒ゴマ1、マムシ粉末1をあわせたゴマ飴もある。赤飴は小桶(こおけ)に流し込んであり、小槌(こづち)でたたき割って口にする。おこし飴の一種と考えていい。吸坂飴の製法は一子相伝で、製法が他国に漏れるのを防ぐため、婿は他村から迎えない掟(おきて)さえあった。また、そのため吸坂峠には番所まで設けたというが、実際は大聖寺藩が吸坂焼の釉薬(ゆうやく)、火加減が漏れるのを恐れたのである。[沢 史生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

吸坂(すいさか)飴の関連キーワード石川県加賀市加賀(市)郷土菓子史生

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android