吸殻(読み)すいがら

精選版 日本国語大辞典 「吸殻」の意味・読み・例文・類語

すい‐がら すひ‥【吸殻】

〘名〙
① 有効な部分を吸い取ったあとののこり。成分をすい取った残りかす。すいがらし。
浄瑠璃大職冠(1711頃)三「一期連れ添ふ大事の男、すひがらにせまいと、本女房さへかけ引きする」
タバコを吸ったあとの燃えさし。
※俳諧・西鶴大矢数(1681)第九四「吸からは明行空の蛍哉〈松友〉 一番鳥やたちはなの宿〈西鶴〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「吸殻」の意味・読み・例文・類語

すい‐がら〔すひ‐〕【吸(い)殻】

タバコを吸ったあとに残る灰や燃えさし。
必要な部分や成分などを吸いとった残りかす。「吸い殻になるまで搾り取られる」
[類語]燃え殻燃えさし燃え残り灰燼余燼燃え滓

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android