吸殻(読み)すいがら

精選版 日本国語大辞典「吸殻」の解説

すい‐がら すひ‥【吸殻】

〘名〙
① 有効な部分を吸い取ったあとののこり。成分をすい取った残りかす。すいがらし。
浄瑠璃・大職冠(1711頃)三「一期連れ添ふ大事の男、すひがらにせまいと、本女房さへかけ引きする」
② タバコを吸ったあとの燃えさし。
※俳諧・西鶴大矢数(1681)第九四「吸からは明行空の蛍哉〈松友〉 一番鳥やたちはなの宿〈西鶴〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android