余燼(読み)よじん

精選版 日本国語大辞典「余燼」の解説

よ‐じん【余燼】

〘名〙 燃え残り。燃えさし。。また、敗残の兵卒や、事件などの一応落着したあとになお残るもの、また影響などをたとえていう。
※田氏家集(892頃)中・後漢書竟宴各詠史得蔡邕「冢樹連柯依篤孝、呉桐余燼遇知音
※いさなとり(1891)〈幸田露伴〉八二「怒火炎上し去って余燼(ヨジン)もやうやく滅えんとするに臨みては」 〔春秋左伝‐成公二年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「余燼」の解説

よ‐じん【余×燼】

火事などの、燃え残っている火。燃えさし。「戦火の余燼がまだ消えやらぬ街」
事件などの一段落したあとに、なお残っているもの。また、その影響。「怒りの余燼がくすぶる」
[類語]燃え殻燃えさし燃え残り灰燼燃え滓吸い殻火山灰藁灰灰神楽死の灰

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android